製品情報

  1. HOME
  2. 電気絶縁耐熱材料
  3. NJAアルミバスバー

NJAアルミバスバー

コストダウンと軽量化、アルミ技術の提案

日本軽金属株式会社
太平商工株式会社
アルミバスバー共同プロジェクト

NJAアルミバスバーを使用するメリット

  1. 重量が軽い
  2. 価格が安い(銅と比べ)
  3. アルミは価格の変動が少ない
  4. 錆び難い

性質

日本軽金属株式会社のアルミニウム導電材料

  JIS規格orアルミニウム(銅)
ハンドブック
日本軽金属製(実測)
導電率
(IACS)
引張強度
(N/mm2)
導電率
(IACS)
引張強度
(N/mm2)
C1020-1/2H 98% 245〜315 --- ---
C1100-1/2H 98% 245〜315 --- ---
アルミ A1070-O 62% 55〜95 62% 70
A6101-T6 55% 195以上 56% 220

導電率(Cu 98% vs AL 55%)の差分、導体容量(体積)を約1.8倍大きくする必要がありますが、銅→アルミの素材変更をした場合、約45%の軽量化と大きなコストダウンが期待できる。

[補足]
1) アルミへのメッキ処理コストは、銅へのメッキ処理コストの約2倍
2) 金属加工コストは、銅もアルミも大きな差はない

お気軽にお問い合わせください

お打ち合わせをさせていただく必要がございますが、以下の懸念点を解決することが可能です。

  1. メッキ工程
  2. 接合方法
  3. 電食
NJAアルミバスバーはそのまま使用できる完成部品としてお届いたします

このページのトップへ